​地域連携室​

患者様、ご家族が安心して円滑な医療を受けられるよう、地域の医療機関の皆様と連携を取り医療体制の充実に努めてまいります。

 

地域連携室について

 

当院では、患者様の在宅復帰とその後の安心な生活をサポートしたいと考え、地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。

急性期を脱したが在宅や施設入所にはもう少しリハビリが必要な患者様、また、通院では病状のコントロールが難しくなってきた患者様などを受け入れ、患者様やご家族の希望を汲み取り、地域の医療機関や施設と連携して、スムーズな在宅復帰をお手伝いしていきます。

患者様のご紹介は、下記の問い合わせ先にお電話下さい。

患者様のご紹介について

 

地域の医療機関、介護施設との連携を図り、地域の皆様により安心して頂ける医療の提供に努めております。また、クリニックの先生方からの緊急時の受け入れや、検査および入院のご相談にも随時対応させて頂きます。

ご紹介の流れについて

=外来=

⑤ 受診・検査予約日の決定

⑥ 受診・検査

=入院=

⑤ 病室調整と入院日決定

⑥ 入院

※入院・退院時には、紹介元の

 医療機関・施設へご連絡させて

 頂きます

① 電話で入院相談

② FAXで診療情報(看護サマリー)送付

③ 担当医に確認

④ 必要時、ご家族・患者様の面談

  (入院先訪問または当院来院)

下記のような患者様がいらっしゃいましたら、ぜひ当院にご紹介下さい。

褥瘡患者のご紹介

施設・在宅現場での褥瘡治療、お困りではありませんか?

当院では形成外科医の院長を筆頭に、褥瘡ケアに長けたスタッフが、最新の処置で集中的に管理します。お困りの症例がありましたらお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちら→褥瘡ケア

透析患者のご紹介

当院では、透析患者の受け入れを積極的に行っています。外来、入院、夜間透析に対応。

内シャント形成術、血管拡張術などの手術にも対応しています。

詳しくはこちら→人工透析内科

在宅サービスのご紹介

当院では、通所リハビリテーション、訪問看護を行っております。また、関連施設に居宅介護支援事業所を有しております。

詳しくはこちら→在宅サービス

入院支援・退院支援について

入院支援では、看護師・社会福祉士が様々な相談に対応しております。

<支援内容>

①医療費のご相談

②入院生活のご相談

③退院後の生活のご相談

④介護保険のご相談

その他、「誰に相談したらよいかわからない。」など、入院前から問題が解決できるよう、相談業務を行っております。

  ■入院支援

地域 カンファ.png
地域 カンファ2.png

退院支援では、多職種と連携し、ご自宅や転院先での療養について支援を行います。

<支援内容>

①療養先のご相談

②介護保険などの制度に関するご相談

③訪問診療・訪問看護・往診・通所リハビリなどのご相談

④医療と介護の連携窓口としての役割

入院、通院されている患者様やご家族の心配事の解決を目指して退院支援を行っております。

  ■退院支援

お問い合わせ先

メールアドレス:chiiki@asahi-hospital.gr.jp

FAX:078‐924-1138